エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較

エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較

エアークローゼットのモデルさんとエディストクローゼットのモデルさん比較してみました。いわゆるイメージモデルさんですね。起用しているモデルさんが利用するユーザー層でもあると言われますが、ファッションレンタルサービスを代表するエアクロとエディストでは会員さんの年齢層も幅広くなっているようです。

エアクロとエディクロの[料金プラン]比較では!

まずは、エアークローゼットとエディストクローゼットのモデルさんを見てみましょう。それぞれ公式サイトで閲覧できるコーディネート写真からピックアップしてきました。

エアークローゼットのモデルさん

エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較

エディストクローゼットのモデルさん

エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較

いかがでしょうか。

あくまで、管理人の主観的なイメージでお話しすると・・・

エアークローゼットのモデルさんから受ける印象は、20代30代のOLさんを対象にしたイメージがします。

一方、エディストクローゼットのモデルさんから受ける印象は、30代のワーママを対象にしたイメージがします。

何度も言いますが、これは管理人の個人的な見解です。

ページTop

歴史から見たユーザー層とモデル起用の変遷

現在、ファッションレンタルサービスというと、当サイトで紹介しているエアークローゼットとエディストクローゼットの他にもいろんな洋服レンタルサービスがあります。

おしゃれコンシャス、アールカワイイ、ブリスタ、スパークルボックス、ラクサス、サスティナ、メチャカリと、とにかくたくさんのサービス会社があります。

その中で、洋服のレンタル業で歴史があり会員数も多いのが、エアークローゼットとエディストクローゼットになります。

ちなみに・・・

2社がファッションレンタルサービスを開始したのが以下の通りです。

エアークローゼット

●会社名:株式会社エアークローゼット(airCloset, Inc.)
2014年10月:「airCloset」サービス発表
2015年02月:「airCloset」サービス開始

エディストクローゼット

●会社名:株式会社enish(エニッシュ)
2015年10月:ファッションレンタルサービスに進出

エアークローゼットの方がサービスの開始は早いわけです。当然、その前から時間をかけてリサーチとテストを繰り返してきているのは言うまでもありませんね。

ページTop

なぜエアークローゼットのモデルさんの方が若いイメージなのか?

管理人の個人的な見解ではあるんですが、エアークローゼットのモデルさんとエディストクローゼットのモデルさんを比較したとき、なんでエアークローゼットの方が若いイメージがあるんでしょうか。

結論から先に言うと、エアークローゼットのサービス開始当初は、ファッションに敏感でシェアすることに抵抗がない20代女性をメインユーザーにしていたからだと推察します。

気に入ってもらえれば、SNSを使ってその場ですぐにシェアしてくれるので、会員数を一気に増やすことも出来るわけです。

そのために、エアークローゼットのモデルさんから受ける印象が20代30代のOLさんを対象にしたイメージになっているんだと考えます。

実は・・・

青山にあるエアークローゼットの本社に行ったことがあるんですが、その時、幹部の方から貴重なお話しを伺えました。

エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較

そのお話しの中で、今現在は、洋服レンタルサービスを利用している会員さんは、「30代」「ワーキングマザー」が一番多いんだそうです。さらに、40代50代の方の利用者も増えてきているそうです。

その背景にあるのが「働く大人の女性」です。今や、30代40代50代女性の社会進出は目覚ましいものがあります。

当然ながら・・・

毎日の仕事の家事が忙しいため、洋服を買いに行く時間などなく、1週間のコーディネートを考えるも面倒になってきてしまうわけです。

そんな時、ファッションのレンタルサービスが注目されているのは、まさに時代の流れですね。

エアークローゼットの幹部の方も、30代ワーママをイメージできるようなモデルさんの起用も考えているとお話ししていました。

ページTop

なぜエディストクローゼットのモデルさんの方が大人のイメージなのか?

エアークローゼットのモデルさんとエディストクローゼットのモデルさんを比較したとき、なぜエディストクローゼットのモデルさんの方が大人のイメージがあるんでしょうか。

結論から先に言うと、差別化を図るためだと考えられます。ビジネスで言うと基本的なことかも知れません。

エアークローゼットの方が最初にサービスを開始しているので、後発組のエディストクローゼットとしてはメーンユーザーを全く同じにするわけにはいきません。

恐らく、メーンユーザーは年齢を少し上げ30代の働く女性に絞っていたんだと思います。だから、エディストクローゼットのモデルさんから受ける印象が、30代の大人の女性をイメージしているんだと考えます。

それが、子育てと仕事を両立させる「ワーキングマザー(ワーママ)」という言葉と、時短勤務から派生した「時短ファッション」という言葉が様々なメディアに登場し、その両方に貢献できる洋服レンタルサービスが30代ワーママ達に注目されたわけです。

エディストクローゼットのモデルさんのイメージも30代ワーママの印象がありますね。また、エディストクローゼットのYouTubeチャンネルでも、30代ワーママを意識した動画があるんです。

ページTop

まとめ

『エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較』ということで、エアクロとエディクロのモデルさんをから受けるイメージを比較することで、2社の歴史とファッションレンタルサービスの時代の流れについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

それぞれサービスの特徴で違いはあるんですが、もし洋服レンタルを考えているなら、エアークローゼットとエディストクローゼットのどちらもおススメできるサービスです。

「エアークローゼット」と「エディストクローゼット」の公式サイトでは、大変にお得なキャンペーンを実施していることが良くあります。タイミングによっては終了間近の期間限定キャンペーンの場合もありますので、興味のある方はチェックだけでもしておくといいかも知れません。

エアクロエディクロ「公式サイト」はこちら(↓)。
公式サイト エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較
エアークローゼット
エアークローゼット[モデル]とエディストクローゼット[モデル]で比較
エディストクローゼット

※大変にお得なキャンペーン(↑)は、リアル表示なのでチェックはお早めに!


ページの先頭へ