エアークローゼット[クリーニング]とエディストクローゼット[クリーニング]で比較

エアークローゼット[クリーニング]とエディストクローゼット[クリーニング]で比較

エアークローゼットの[クリーニング]とエディストクローゼットの[クリーニング]ついて、エアクロとエディクロを利用する側から見た3つの疑問から2社のクリーニングの流れと利用規約について紹介しています。もし「やっちゃった!」と汚してしまったら・・・

エアクロとエディストの[クリーニング]比較では!

エアークローゼットの[クリーニング]とエディストクローゼットの[クリーニング]で比較ということで、まずこの『クリーニング』に関して、利用する側からどんな疑問があるか整理します。

それが、以下の3つです。

1.クリー二ングされた洋服が届くの?
2.洋服はクリーニングして返すの?
3.汚してしまった場合のクリーニングはどうするの?

エアークローゼットとエディストクローゼットの2社では、この3つの疑問に対しての解答はほぼ共通しています。

ページTop

1.クリー二ングされた洋服が届くの?

エアークローゼットとエディストクローゼットとも、しっかりとクリー二ングされた洋服が届きます。

クリーニングされるタイミングは、前の利用者が返却し洋服が戻ってきた段階で、「検品」と「クリーニング」がされます。そして、専用の保管庫で大切に保管され次のレンタル依頼を待つという流れになっています。

もちろん、クリーニングだけでなく、シミやほつれ、破れや毛玉などがあった場合は専門スタッフが1着1着丁寧に補修しています。

この「クリー二ングされた洋服が届く」というのは当たり前と思われるんですが、これはネットを使った洋服レンタルだからできるサービスなんです。つまり、クリーニングされてあなたが着るまでの間、誰も着ていない洋服が届くわけです。

今では、当たり前の話ですね。

ただこれが、実店舗のレンタルショップだと、いろんな人が試着したものをそのままレンタルするのがほとんどです。中には、クリーニングされた在庫からレンタルに出すお店もあるかも知れませんが、数は少ないと思います。

なので・・・

エアークローゼットとエディストクローゼットが提供している洋服レンタルサービスは、洋服が届いたその日から本当に気持ちよく着ることが出来るんです。

ページTop

2.洋服はクリーニングして返すの?

エアークローゼットとエディストクローゼットとも、『クリーニング不要で返却OK』となっています。つまり、返却する際に、自宅で洗濯したりクリーニングに出す必要が無いということです。

この『クリーニング不要で返却OK』というシステムが、家事と仕事を両立している女性に大人気でもあるんです。本当に、大助かりですよね!

ただ・・・

小さなお子さんがいる30代ワーママにとっては、ちょっとした不安があるようです。

例えば、お出かけしてファミレスで食事をしているとき、子どもに食べさせていてちょっと汚してしまった時なんかは、「やっちゃった!」となる分けです。

確かに『クリーニング不要で返却OK』ではあるんですが、何も言わずに返却してしまうのはちょっと抵抗がありますよね。そんな時は「お客様センター」に問い合わせをして確認することをおススメします。

ページTop

3.汚してしまった場合のクリーニングはどうするの?

先ほどもちょっと触れましたが、汚してしまった場合のクリーニングはどうしたらいいのでしょうか?

基本は、すぐに「お客様センター」に問い合わせをして確認することは変わらないのですが、問題は「どのくらい汚してしまったのか?」になります。

エアークローゼットとエディストクローゼットとも、利用規約にしっかりと明記されています。利用規約では細かく規定されているのでここでは割愛しますが、ここでは「汚れ」に関わる「修繕費用」「弁償金(補償金)」について紹介してみます。

エアークローゼットの場合:
内容としては「インク・ファンデ・食べ物等によるシミ」による「修繕費用」と「弁償金」があります。ここではレギュラー会員の費用だけお伝えします。

●修繕費用:600円/1着
●弁償金 :会員価格の10%

エディストクローゼットの場合:
「破損・汚損」という項目で、「修繕可能な場合」と「修繕不可能の場合」の「補償金」が請求されます。

●「破損・汚損」があるものの修繕可能な場合:定価の10%~20%
●「破損・汚損」で修繕不可能の場合:新品/定価の100%、中古品/定価の60%

いかがでしょうか。

この「汚れ」に関するクリーニング修繕費用、または弁償金(補償金)については、エアークローゼットとエディストクローゼットとも専門スタッフが検品して判断するので、その結果、もし何かしらの修繕費用が発生した場合はちゃんとお支払いしましょう。

ちなみに・・・

一発で「修繕不可能」と判断されてしまう項目もあるので、参考までに紹介しておきます。

●「血液・排泄物等のクリーニング不可能なシミ」
●「生地(縫い目以外)の裂け・破れ」
●「ボタン・装飾品の外れで、現物返却なし」
●「盗難を含む、アイテムの紛失」
(※引用:エアークローゼット公式サイト)

こちらの「修繕不可能」の内容は、当然と言えば当然の内容だと理解できますね。

改めまして・・・

「汚れ」に関して、もし「やっちゃった!」と汚してしまった場合は、すぐに「お客様センター」に問い合わせをして確認することをおススメします。

ページTop

まとめ

『エアークローゼット[クリーニング]とエディストクローゼット[クリーニング]で比較』ということで、エアクロまたはエディクロを利用する側から見た3つの疑問から2社のクリーニングの流れと利用規約について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

あまり深く考え過ぎると、楽しく着れなくなってしまいそうです!でも、皆で共有する洋服のシェアサービスなので、お互いに気持ちよくファッションを楽しむために必要なルールと思えば、自宅に届いた洋服を大切に着ようと思えますね!

「エアークローゼット」と「エディストクローゼット」の公式サイトでは、大変にお得なキャンペーンを実施していることが良くあります。タイミングによっては終了間近の期間限定キャンペーンでもあるので、興味のある方はチェックだけでもしておくといいかも知れません。

エアクロエディクロ「公式サイト」はこちら(↓)。
公式サイト エアークローゼット[サイズ]とエディストクローゼット[サイズ]で比較
エアークローゼット
エアークローゼット[サイズ]とエディストクローゼット[サイズ]で比較
エディストクローゼット

※大変にお得なキャンペーン(↑)は、リアル表示なのでチェックはお早めに!


ページの先頭へ